我が愛猫たち(常に行動がやおら=おもむろ な、 まる、たま、ちろ、くろ)への愛が溢れる写真紹介※を中心に、旅の写真、日々の事など思いつくまま気ままに綴っております。(画像クリックで、大きい画像が見れマス。) ※主にユル~イ写真です(笑)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


旅・写真⑪ ~初夏のドブロブニク(クロアチア)編・その4~
2008年08月04日 (月) | 編集 |
おはようゴザイマス腟究

暑中お見舞い申し上げます。 m(_ _)m


気が付けば、もう8月!早いですね~びっくりw( ̄▽ ̄;)wワオッ!!
とは言え、早く夏が終わって欲しいなあ、まだかなあ、とも
思っております まるたん星人でゴザイマス(笑)

ここ数日、また蒸し暑い日が続いてぐったりしておりますワタクシ
ですが、まだしばらくは、(残念ながら)暑い日が続くと思われます(涙)
皆様もくれぐれも、お身体にはお気をつけて・・・


           物書きにゃん


さて、ここまで何と4回に渡って(長い!笑)お送りして参りました
写真第4弾も、今回で最後(の予定)デス。

今回は、 写真第4弾、 ~初夏のドブロブニク編・その4;
スルジ山の上から~
です♪
(ちなみに、目次は ⇒こちら をご参照。)


スルジ山は、ドブロブニクのすぐ後ろにある標高412mの山で↓
   ドブロブニクの地図
(拡大してご覧下さい。)


旧市街を出て、住宅地を抜けると、登山道があって、歩いて登る
ことができます。車でも登れて頂上まで20分くらい?で行ける
みたいですが、折角だから(そんなに高い山でもないし)
自力で登るぞ~ と、珍しくやる気を出したワタクシ(笑)


住宅街の中の石段を登っていくと・・・
   スルジ山へ①



ん?我が愛しのたまちゃんにちょっと似た、キジトラさんが
   スルジ山へ②



何やら、ワタクシを先導するように、たまにこっちを見ては
先を歩いてくれる ので、俄然やる気が増したワタクシ(笑)
   スルジ山へ③



・・・と、思いきや飽きられたのか、しばらくした所の木陰で、
まったりと座り込んじゃいました。 ちょっと残念 f(^_^;)
   スルジ山へ④
    <あづい・・・ て言うか、飽きたニャ・・・>


そんなこんなで 住宅街を抜けると (途中、結構 勾配がキツイので
体力不足のワタクシには、既にちょっとツラかったデス。笑)、
一旦大きな車道に出て・・・ ("Welcome to Dubrovnik"の文字が♪)
   スルジ山へ⑤



おっ、有りました! スルジ山への登山口
   スルジ山へ⑥



まずはこんな感じの入り口を入り・・・
   スルジ山登山①



てくてくと登って行きます♪
   スルジ山登山②


実はこの山、標高自体は大したことないんですが、かなり
急勾配であるため、登山道は、(上の地図でもちょっと分かる
かと思いますが)、左右に大きくジグザグしながら登っていく様に
なっております。
(折り返しごとに、この木製の十字架?が立っていて、番号が
振ってあり、数えたら確か13か14だったと思います。)



途中からは、何も陽射しを遮るものがなくなるので、帽子・日焼け止め
等の日除け対策は必須デス! f(-_-;)

   スルジ山登山③
(↑折り返し地点から見たところ左の道を登ってきて、これから
右の道を登っていこうと言うところデス。)


まぁその分、見晴らしも良くなり、下の街と海を眺めながら登ったり
できるので気持ちイイんですが。

多分、健脚な方がサクサク登ったら45分くらいだと思うんですが、
ワタクシは靴が山登り向きでなかった(登山道は、大きな石の
間に、砂利と言うにはちょっと大きくないですか!?と言う石が
ゴロゴロ敷き詰められた道だったので、とても歩き難かったデス )
のもあり、且つ、途中で何度も休憩して景色を眺めたり、道端の
草を眺めたり写真を撮ったりしてたので、1時間半くらい
掛かっちゃった気がします(笑)


こんな風に、とても色鮮やかなお花jumee が咲いてたりしたので♪
   スルジ山登山④



そんな訳で、かなり時間は掛かりましたが、何とか山頂へ到着~☆

山頂には、ナポレオンが贈ったという白い十字架※があり↓
(※現在の十字架は、独立戦争後に立て直されたもの)
   スルジ山登山⑤



こんな風に、海に突き出した旧市街を、一望することができて、とても
素晴らしい眺めデスheart03   
   スルジ山の上から見た旧市街
(ゼヒ拡大して↑ご覧下さいマセ♪)

風も気持ち良く、適度な運動をした後の爽快感もあって、やっぱり
車じゃなく歩いて登って良かった~!と思いましたハートにゃん


ただこのスルジ山、以前はケーブルカーで、街と海を眺めながら
登ることができ、観光客にも人気だった様なんですが・・・


   


このケーブルカーとその駅も、90年代初頭の独立戦争時に、
旧ユーゴ軍の 攻撃を受け、破壊されてしまったそうで・・・

今も山頂で、こんな無残な姿を晒しております・・・neko涙

   スルジ山のケーブルカー駅跡①



財政的な理由で直せないのか、あるいは戦争の記憶を風化させない為に
敢えて 破壊された姿のまま、残されているのか・・・
   スルジ山のケーブルカー駅跡②
(ここでは、クロアチア国内の観光客さん達にもお会いしましたが、
この場所はそう言う象徴的な意味がある、と言う様なことを仰ってた方も
いらっしゃったので・・・)



とは言え、この状態ではちょっと危ない気がするので、日本だったら
少なくとも安全柵とかくらいは 周りにつけてそうだな~とも思いつつ。 f(^_^;)
(何かそのうち崩れ落ちちゃいそうな気もするし、こんな風な場所で
お子さんとかが足を滑らしたら↓危険な気が・・・
   スルジ山のケーブルカー駅跡③

ほとんど人も居なくて静かだし、眺めも良いし、ここでランチを
頂きつつ しばらくぼ~っとさせて頂いたワタクシでした・・・☆


ちなみに、海と反対の側を見下ろすと、そちらはもう
ボスニア・ヘルツェゴビナです。(ドブロブニクの位置については、
"その1;イントロダクション" に載せた地図をご参照下さい。)
   スルジ山の上から見たボスニア・ヘルツェゴビナ



こんな感じで、山頂からの眺めも堪能しましたし、日が暮れる前には、
と言うことで街に下りました。 山頂から自分が登ってきた登山道を
見下ろすと↓うーん、結構頑張ったなぁと言う気がします(笑)
   スルジ山の上から見た旧市街と登山道


住宅街まで降りてくると、おっ、またさんのお出迎え
   スルジ山下山①
こちらに向かって「ニャーン」と 何事か訴えてたのですが、



すぐに飽きたらしく(笑) 二人で遠くを見つめておりました・・・
   スルジ山下山②



登るのは結構キツかった階段も、下りるときはサクサクと♪
   スルジ山下山③



下って下って、街に戻ってくると、既にちょっと黄昏時の雰囲気・・・
   黄昏時のDubrovnik旧市街①



少しずつ灯りが点り始め・・・
   黄昏時のDubrovnik旧市街②



そっと夜が降りて来て・・・
   黄昏時のDubrovnik旧市街③



街のざわめきも、だんだん夜のしじまに吸い込まれて行きます・・・
   黄昏時のDubrovnik旧市街④

と言う訳で、写真 第4弾 ~初夏のドブロブニク編~ も、ここで
終わりでゴザイマス・・・ m(_ _)m


           nukukyu_book(c).gif


ところで、今回ご紹介した町「ドブロブニク」ですが、実は、あの
「魔〇の宅急便」の舞台のモデルになった街では!?と言う
ウワサがあり、それもちょっとあって、行くのをとても楽しみに
しておりました☆

念のため、コレはあくまで、ウワサです。 f(^_^;)
ちょっとネットで検索してみただけでも、モデルの町として、この
ドブロブニク以外に、オーストラリアのホバートとかメルボルンだとか、
スウェーデンのストックホルムだとか、デンマークのコペンハーゲンだとか、
色々なウワサが有りました(笑)

ジブリの公式見解というのは無いみたいで、行業界では、ホバートが
定説らしいですが・・・(何とかのパン屋がホントにある!とか。笑)
まぁ結局、どこか一つの街をそのままモデルにしたというより、欧州の、
石造りの古い家並みが残る街、と言うイメージを いくつかの街から得て
描かれたのかなぁ~なんて勝手に想像しておりマスが・・・



なんにしても、実際に見た個人的感想としては、「ホントに魔〇の
宅急便っぽい!」と思いました♪
特に、その2でご紹介した、上から見下ろした街並みなんて、この街の上を
ホントにキキちゃんが(黒のジジちゃんと一緒に)飛んでそう~heart03 と。

しかも、この街は、非常ににゃんこ率が高い!とも思い(笑)

メルボルン以外の、他にウワサされてる街にはワタクシ行った事が
あるのですが、 ウワサの真偽はどうあれ、この街が一番ぴったり
来るような気がしました☆


・・・と言っても、映画を観たのは大~分 昔(笑)で、記憶もかなり
あやふやになっておりますが。でも、とても好きな映画だったので、
久しぶりにまた観てみたいな~と 思っておりマス♪


        nikukyu_sofa(c).gif


ではでは、最後にまた長~くなってしまいましたが、ちょっとでも楽しんで
頂けた、あるいはドブロブニクの魅力が伝わったのであれば、とても
うれしいデスheart03


ここまでお付き合い頂いた方、本当に有難うゴザイマシタ! nikukyu_present.gif

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
おはようございます!
記事UP大変お疲れ様でございました!
そして、素晴らしい内容に感謝でございます。
なかなかこういうところには出かけられないですし
また、旅行雑誌やガイドブックではここまで細かく丁寧に感想をまぜての
内容は無いですから、ほんと楽しさや嬉しさが伝わってきます。
今回は自然が多いなあ~って思ってたら、ちゃんと社会の歴史的背景もきちんと
掘り下げられ、自分も思いや感想もしっかり書かれていて
お勧め情報のみをごり押しする、ありがちな旅行記とかと違って
非常に読みやすかったでした。
ありがとうございました。
次回の旅行記も楽しみにしてます(笑)

メルボルンは3~4年前に行ったことあるんですが
猫多かったっけ?と記憶もあいまいでした
ペンギンは多かったような・・・(苦笑)
2008/08/04(月) 08:01:43 | URL | スーパーサイドバック #-[ 編集]
こんばんは♪
とても素晴らしい景色やご説明などで
楽しく拝見させていただきました^^
苦労して登りつめた先の景色は感無量と言うところでしょうねぇ
そんな感じが不思議な事に私も同行したかのような錯覚を感じてしまいます・・・
次回の旅行記も楽しみにしてますね(^_-)☆
2008/08/04(月) 22:26:15 | URL | mimi #-[ 編集]
こんばんは
いや~ 終わってしまいました。。。
本当に、お茶を片手に楽しませていただきました♪

激しく腰が重く、インドア派な私ですが^^;
とても訪ねてみたくなりました!
(でも、その前にパスポートを…;)

頂上からの景色、もちろん拡大しましたー
なんだか、お揃いっぽい感じの家々が
可愛らしかったです♪
ケーブルカーからの景色は
どんなだったんでしょうね?
壊されてしまったのは残念ですが
どんな理由にせよ、
残しておくというのは大切ではないのかな~と
同じ過ちを繰り返さない為にも…

私も”魔女宅”好きなんですが
確かに街並なんか似てますし
そのうわさは、ホントかもしれないですね^^
良い感じの街ですもん
モデルにもしたくなりますよぉ(笑)
(もうすでに、知ったような気になっている…)

今回もとても堪能させていただきました。
ありがとうございます。
また、お出かけの際はゆっくりで良いので
アップお願いします☆

あ、それと、コンの記事に…
とても気持ちのこもった言葉
本当に本当に、ありがとうございます。
以外と不安定なので、まるたんさんには
とても助けられております。
2008/08/04(月) 23:31:05 | URL | harumaki #-[ 編集]
コメント、ありがとうゴザイマス! m(_ _)m
★スーパーサイドバックさん
  おっ、メルボルン行かれたことあるんですね~
 ワタクシもこのウワサを聞いて、いつか行って見たいと・・・
  え・・・ ぺ、ペンギンさん!?それはそれで見てみたいデス(笑)
 確かに、当ブログの場合、単に旅の風景をご紹介したい、
  感想を伝えたいと言うモノで、旅行雑誌とかとは違って
  商業的な要素は無いですが、それだけに 取り留めの無い
 内容になっちゃってるかなぁと(そして今回はホント
  写真が多かったなあと)・・・f(^^;)
 それでも読んで頂けるのはとても有り難いですし、
  ちょっとでも楽しんで頂けたならとてもうれしいデス☆

★mimiさん
  そうなんです!
  登山(と言う程でもないですが。笑)はちょっと疲れましたが、
  その分、登り切った時には、満足感を味会うことが出来ました♪
  そんな気分を、少しでもお伝えできたならうれしいデス。
  暖かいお褒めの言葉、本当に有り難うゴザイマス~ m(_ _)m
  褒められるとすぐに調子にのってしまうワタクシですので(笑)
  また次に旅した時も、写真をご紹介させて頂きますね☆

★harumakiさん
  イエイエ、とんでもない。大して気の利いたコメントも
  できず・・・やっぱり言葉って難しいなぁと いつも思いつつ。f(^^;)
 こちらこそharumakiさんのコメントにいつも励まされてますヨ~
 感謝デス!(^^*) そしてお茶を片手に・・・とても優雅に
  楽しんで頂いたみたいで(笑) 有り難うゴザイマス☆
  「お揃いの屋根」と仰る通り、ヨーロッパって街全体の
  景観をとても大事にしていて、古い街並みも残っているので、
  そう言うのを眺めるのがとても楽しいワタクシです♪
  (日本でも、京都とか一部は、「街の景観」に関して規則が
  あると思いマスが、大抵は無くて、近代化の過程で、無秩序に
  統一感無い都市になってしまった所がほとんどの様な・・・
  そこがちょっと残念なのです。)
2008/08/05(火) 23:22:58 | URL | まるたん星人 #k9pOxXPw[ 編集]
あーーーっ!!スッキリ♪
どこかで見た事ある風景と思ったら・・・
魔○の宅急便でした(笑)
なんだか、まるたん星人さんのブログを拝見させていただいてると
まるで、自分が旅行してる気分になって
山頂からの風景を見ながら
心地よい風を感じた気になったでしゅよ!!
本当に素敵な旅行記あぃっとでございましゅ♪
可愛いネコちゃんもシッカリいっぱいいて
本当に楽しいでしゅ!!
2008/08/06(水) 02:49:27 | URL | ECO #tZDc9YLU[ 編集]
コメント、有り難うございます~☆
★ECOさん

おっ、エコさんもやっぱり「魔女宅」っぽいと思って
頂けましたか~♪(^^*)
ワタクシの写真達で旅の風景を楽しんで頂けて、
風まで感じて頂けて(確かに、山の上は陽射しはすごい
強いけど、風が結構あって すごく気持ち良かったデス!笑)
とってもうれしいデス。こちらこそ有難うゴザイマシタ☆ m(_ _)m
2008/08/07(木) 23:04:43 | URL | まるたん星人 #k9pOxXPw[ 編集]
あ~~~本当に行ってみたい!
そして、自力で登りきり、オレンジ色の屋根をこの目で見てみたいです!
あっ!もちろん、屋根以外も・・♪
なんて、素敵な夢を見させていただきました(^^)
ありがとうございます!

ジブリ作品、私も大好きです♪
もちろん、魔○の宅急便も(^^*)
この街に、もしかしたらキキやジジがいるかも・・
って思ったらちょっとワクワクしました!
2008/08/08(金) 01:53:32 | URL | mau #u/Vd/fig[ 編集]
コメント、ありがとうございまーす♪
★mauさん

こちらこそ、ワタクシの独り言的旅行記(?)を楽しんで
頂けて、とってもうれしいデス~有難うゴザイマス☆
オレンジ色の屋根、とってもかわいくて、且つ海の色に映えて、
とってもキレイでした!山の上からの景色はおススメです(^^)
mauさんもジブリお好きですか~魔女宅のジジちゃん、
かわいいですよネ♪ (我が家にはぬいぐるみもゴザイマス。笑)
2008/08/08(金) 22:38:28 | URL | まるたん星人 #k9pOxXPw[ 編集]
これぐらいの高さの山を登るのは、僕は大好きです。海外へ行くと、
ついつい歩いて登ってしまいます。ちなみに香港のビクトリアピークも歩いて
登っちゃいました。あまり自慢になりませんが・・・・(笑)

スルジ山は途中の道、山頂からの眺め、戦争の残像など見所が多いですね。
町並みもとても感じが良くて、行ってみたい場所のひとつになりました。
それにしても猫ちゃんが多い街ですね。
気のせいですかね?
2008/08/09(土) 20:25:47 | URL | ばっくん #ioOiW3gw[ 編集]
コメント、ありがとうゴザイマス♪
★ばっくんさん

おっ、やっぱりばっくんさんも山登られたりしますか~
そうですよね、山の上からの景色ってすごく眺めがいいし、
やっぱり自分で登ってから見る方が気持ちイイですよね♪
(とは言っても、ケーブルカーとか、たまに楽しちゃうワタクシです。笑)
ビクトリアピーク!夜景がキレイだそうですね~見てみたいデス!
ドブロブニクは、とてもキレイでかわいらしい街でとても
ワタクシは気に入りましたので、もし機会が有りましたらゼヒ☆
(が、実はとても小さい街です、念の為)f(^^;)
2008/08/10(日) 01:06:06 | URL | まるたん星人 #k9pOxXPw[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。